夏の風物詩

こんにちは✨りゅうじん京都の理学療法士 中垣✌️です。
梅雨のじめじめした季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私、りゅうじんに入職して、9か月が経とうとしています💦
この9か月は、病院勤務と違う様々な事柄に出会うことが出来、たいへん勉強になった期間でした🎵
ケアマネージャーさんと一緒にお仕事もさせて頂き、多くの事を学べました(^o^)
新たにたくさんのケアフレンド(利用者さん)にも出会うことが出来、充実した毎日を送っています❗️

京都の地名、何々通上ル、下ルなどにも慣れてきました😊
これがわかると、京都のことがすごく分かったような気になってしまいます(笑)

7月からは、いよいよ京都の夏の風物詩、祇園祭のシーズンです💡
烏丸周辺は、たくさんの人で賑わうと思われます。
京都では、昔から祇園祭の期間中に、客人に鱧(はも)料理を振る舞い、屏風(びょうぶ)を飾ってもてなす風習があり、
祇園祭は、別名「鱧祭」「屏風祭」とも呼ばれることがあるそうです。
と、最近物知りなMさんから聞きました💦
私も知りませんでした(笑)
いつも通っている、四条通や新町通を、山鉾が巡行するという光景を見れるのを楽しみにしています❗️❗️
山鉾巡行の際に、四条通の信号機が折りたためるようにもなっているそうで、今年は、じっくりと
見学したいと思っています。

湿度が高く、気分が落ち込みがちな時期ですが、梅雨のじめじめを吹き飛ばすくらいパワフルに、
元気を与えていけるように頑張っていこうと思っています✊
これから、暑い夏がやってきますが、皆様も、熱中症にはくれぐれも気をつけて、
水分補給してくださいね⤴️

事務のKさん撮影📷

では、また。See you again✋

コメント

このブログの人気の投稿

夏のおすすめアロマ

令和3年、自己紹介シリーズ②

事務所はどこにあるの?